スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋冒険小説『海の異端児/ルシフェル物語』

 以下続刊???
①異端児の船出
 英国海軍の海尉艦長に任ぜられたルシフェル。宮廷の実力者キリングリュー伯爵に盗品売買の容疑をかけらた所を助けられた縁から海軍士官ライザ・ミドルトンとその副官ゴードンに振り回されつつも新任艦長として独り立ちしていく。そんな彼に立ちはだかったのがユトランド半島沖~バルト海にかけて君臨するオーランド海賊、ヒューマ拠点守備艦隊、そしてシェラン収奪艦隊だった。。。

②勅任艦長VS大海賊
 バルト海での戦功で勅任艦長に任ぜられたルシフェル。ケープを拠点に治安維持のため周囲の海賊討伐と敵対国ポルトガルへの経済封鎖の為香辛料輸送艦隊を攻撃する任務についていたところへロンドンより女王陛下直々の召還命令。ライザと共に大海賊・マクレガー討伐の為にアフリカ東海岸方面へ出帆するのだった。

③オポルト沖の激突
 亡命したキリングリュー伯爵の暗躍によりイングランドとイスパニアの関係は日増しに悪化していった。大型艦の指揮官に任ぜられインド方面艦隊に所属していたルシフェルにもイスパニア艦隊に封鎖されたアムステルダムの開放司令が下る。辛くも勝利を得たがその先にはブリテン島征服の為に北上するキリングリュー艦隊があった。。。

④イフ城の監獄夫人
 キリングリュー伯爵との決戦後、平穏を取り戻したイングランドを後にして故郷フランスへ戻り、インド航路の宝石輸送商船隊の指揮官として海に出ていたルシフェル。マルセイユで休暇を過ごしていたところでギーズ公に呼び出され、ユグノーに資金供給をしていた門で逮捕され、最新鋭艦を強奪し逃亡したドゥ・ブロイ伯爵夫人の討伐艦隊への援軍を要請される。フランス海軍へと所属を変え、また戦乱の海へと誘われていくのだった。

⑤南カリブ海の白刃
 伯爵夫人私兵艦隊討伐後、正式に戦術家として艦隊参謀職に就きインドのムガール帝国艦隊との戦功で重ガレオン艦の指揮官に任ぜられカリブ海へ転戦する。そこには2000隻ものバッカニア海賊が君臨していた。6ヶ国連合艦隊の一員として終わりの見えない海賊との白兵戦が始まろうとしていた。

⑥ペルシャ湾の機雷戦
 三等級戦列艦の艦長兼戦隊司令官(代将)に就任したルシフェルに東アフリカ・アラビア方面にフランス王国の拠点作りが命ぜられた。他国の影響度が希薄なジェッダを攻略し、拠点作りに成功したルシフェルは大砲の調達が困難な中、周囲の平穏の為ムーア人が率いる艦隊に向かって機雷による開戦を仕掛けるのだった。
スポンサーサイト

theme : 大航海時代Online
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

Ads by Google


ファミリーと稼ぐ豚の貯金箱

お得なポイント貯まる!ECナビ

マクロミルへ登録













お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱
Profile

ルシフェル

Author:ルシフェル
・フランス王国海軍士官
・元イングランド海軍勅任艦長
・ハーゲンダッツ侯国元首
・ジェッダ・セイラ・マッサワのランカー
 
・全盛の砲撃でも白兵収奪でもなく、
 機雷攻撃が得意な水雷屋

Blog Sticker

Fc2ブログランキング
えろ鯖フランス
提督軍人
准士官戦術家
剣士用心棒
砲術家測量士
鉱物商武器商人
造船鋳造
初心者
へっぽこ
大商戦大冒険

Blog Pet

DOL-PING

BroGVList

Blog People

Ads by Google
Recent Entries
Comments
TrackBack
Category
Archives
Link
Ads ry 楽天
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。